August 07, 2016

軽井沢おもちゃ王国(7月)

軽井沢は長野県にありますが、「おもちゃ王国」は群馬県嬬恋村にあります。
県は違えどかなり近い(車で1時間弱)なのでまぁひっくるめても良いかと、という考えなのでしょうか。
あと、どちらの県も今年の大河ドラマの主役、真田一族に縁があるので何だか盛り上がっていました。

14
浅間山。去年は噴火騒ぎがあり見送ったので今年は2年ぶりのリベンジです。

いつものホテルを確保したのですが、今年は珍しくも部屋がメゾネット構造。
16

当然、チビどもは大いに盛り上がって二階を選択。親父がひとり階下に残されました。
17


それにしても今年はやたら宿泊料が高いなぁと思ったら2年前と比べて
・長女が中学生になって大人料金になった
・三女が小学生になって小人料金が生じた
のダブルパンチを食らっていることに今更気付きました…
18

そして三女が生意気にも男湯拒否宣言
19

一泊したら2日ぶっ続けで遊び呆けます。
乗り物大好きな長男はトミカのプラレールに夢中…
20

…夢中になりすぎて暴走。こらこらッ
21

長女・次女は「騒ぐのはきらーい」といいつつ着実に絶叫マシンに接近中。
この分だと再来年辺りにジェットコースターデビューか? 父ちゃんは怖いのは嫌なのでつきあいませんが。
22

三女は歳のせいもあるのか相変わらずのノンビリさんです。
23

帰り道は例年通り下仁田の道の駅に立ち寄り、野菜などを買ってきました。
楽しい旅行でしたがカネがかかるようになってきたなぁ… 

January 31, 2016

青梅一泊

先年の、感謝の気持ちを込めて一泊温泉旅行。
当初車で行く予定だったが、雪かもしれないとの予報があったので電車に変更。
(雪道運転の経験ナシ)

03
で、バカボンパパとコニャニャチワ。
「青梅赤塚不二夫会館」という建物でして、再現されたトキワ荘の部屋や初刊本などがあって狭いけれどもなかなか濃いコンテンツ。…実は青梅市と赤塚先生は全く関係ないのだが、「昭和レトロ」で町おこしを目論む(今も頑張っている)市の懇願に先生が応じたとか。
※というか頼まれるとホイホイ応じちゃう人だったりする。部数が伸びない「少年サンデー」に泣きつかれてライバル誌「少年マガジン」で人気連載中の「天才バカボン」を引っ越しさせた時は講談社(マガジン)は大パニックに陥った(笑)

天気がイマイチな上に寒かったので今回は風景の写真はなし。本当は裏庭の多摩川とかがもの凄く美しいところなんですが。iPadで家族をスケッチすることにしました。

04
行きの青梅線の車中で次女と。

05
青梅駅前の蕎麦屋にて昼食。ご主人が浄土宗の住職という個性派。味は非常に良かった!
(家族の総意)

06
宿にてとりあえず落ち着いたところ。温泉でお湯に浸かっているのの次に楽しい時間です。

07
帰り道の青梅線は始発に乗れたので四兄弟を並べてみた。数の迫力?

次の旅行は夏の軽井沢リベンジです。
(去年は浅間山の噴火疑惑騒ぎがあったので行き損ねた)

August 14, 2015

小4次女・過激な洋楽デビュー

英語の勉強の足しにもなるかと思い、中1の長女とThe Beatlesを歌詞を見ながら聴いていました。代表曲が一巡したので「こんなド派手なのもあるよ」と、"Helter Skelter"をかけたら、突如次女が乱入、踊り狂いました。
08_01
面白いので、 ハードロックのスタンダード曲を連発。
Led Zeppelin "Communication Break Down"
Deep Purple "Highway Star"
と続けても続く創作ダンス。
結局、約15分間の過激なエアロビ終了と同時に…
08_02
風呂入ったらよく手脚をほぐしておくよーに(笑)

July 28, 2015

山梨一泊温泉旅行

甲府盆地北部にある「石和(いさわ)」の温泉に一泊で言ってまいりました。
07_03
富士山が目立たぬ位置のため景観はイマイチでしたが、湯と宿のサービスは非常に良かった!


07_04
卓球が出来ないところは温泉宿ではないっ。
・左上:「ラケットとボールを持って歩く」遊びと信じる長男(1歳)
・右上:「決め」のポーズ だ け マスターした三女(6歳)
・下 :何とかラリー出来るようになった長女(13)・次女(10)


07_05
三女と入湯。長女・次女はすでに男湯に入れぬ身に…
「じゃあ10数えたら出よーか!」
といって木曜のレッスンに備えてアラビア語でがなり出す親父。三女困惑。


07_06
料理も好評だった…が、赤出汁味噌は賛否両論。
両親ともに愛知県民で、名古屋在住経験のある小生としては味噌の基本はこれなのだが。

07_07
翌朝。
寝相は人の性格を現すというとかいわないとか…
朝五時起きで入り直し。

昼過ぎに無事帰宅。一泊だと荷物も少ないのが気楽でいいですな。

November 30, 2013

カミさんの誕生日。

11_07
(そこそこ)丈夫で(バカ親としては)可愛い子供を四人も産んで育ててくれて感謝です。
ちなみに誕生日プレゼントは 腹巻き だったりします。

September 12, 2013

秒読み

すっかり更新忘れていました。
mixiやら水族館日記やら…
何でも興味あると並行させてしまう悪癖は何とかならんか。
・英語勉強しながらブルガリア語やってみたり。
・両生類飼いながら爬虫類や魚類にも手を出したり。
・「読書中」の本が20冊になったり。
中途半端を地で行っておりますが、
家族の数なら半端じゃねぇぜ!と無駄に威張ってみる。

それにしても今度の赤ちゃんが(生まれてからしばらくして獲得する視力で)
初めて目にするのは何になるのだろうか。
・ブルガリア語とグルジア語のアルファベット表か、
・水槽をうねって泳ぐサイレン(一反木綿のような両生類)か、
・餌追っかけて畳を這いまわるフトアゴヒゲトカゲか
09_01

すいませんね。ひたすら親父が変な家でして。
他の家族(人間)はみんないい人(子)たちだから安心してね!

May 25, 2013

第4子誕生予定

最近、ここはすっかり放置気味なんですが、さすがにこれは記録に残しておきたい。
(Blogで世界に公表する必然性の検討については放置)
9月に、男が産まれる予定です。
三人娘が続くと「今度も女子だろ」と思っていたので意外
…という前に、この歳になってカミさんを妊娠させる能力が残っていたことが超意外でした
05_04
…しかしこのBlogを開始した時点では長女一人で、まさか+3も増殖するとは夢にも思っていなかった…
新しい生命は人類だろうが両棲類だろうが昆虫だろうがキチンと愛情かけて向かい入れるのが当方のモットー(除くエサ用動物)なので、頑張ります。

December 16, 2012

選挙のくせに〜っ

なんという民主主義への挑戦…
121601

投票に連れて行った次女が紙風船をもらって喜んでいるのを見た、長女の暴言。

November 30, 2012

20年前の幻影

卒論ができなくてウンウン唸っていた20年ほど前、
神社の鳥居に「」がついているように見えた。
113001

もちろんテーマは「フランス革命」。それも恐怖政治期。
この後一気に書き上げたんだよなぁ。


August 02, 2012

さすがの夏休み

なんといっても40日間の連続有給休暇みたいなもんだからガキとしては大喜びなわけですが、
親の疲れきった顔が今になってようやく分かるようになりました。

三女:折り紙の帽子いっちょで大暴れ。カメもヤゴも安心できません。
070601_4

次女:お茶をこぼしたのをキッカケに「こぼしっこ大会 にほんだいひょう」に立候補。
ロンドン五輪にも旧居参加するそうですが、ロシアがライバルだそうです。

071801_2
「わたしはおちゃなのに、ろしあはおしっここぼすなんてずるーい!」 …どういうルールだ。

長女:夏休みが終わると今年もオシマイだそうで。…たしかにクリスマスまでは冬眠してますな。
スタートダッシュで宿題を片付けようとして息切れ→「三日坊主〜」とからかったら、
「違うよー!」→「意味わかってんの〜(by意地悪親父)」
「知ってるよー! 3 日 サ ボ る ってことでしょー!」
073001_2